日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

綾小路きみまろに聞いた 「民放ゴールデン司会」の野望は?

 11日からスタートするバラエティー番組「スゴ~イデスネ!! 視察団」(18時56分~、テレビ朝日系)でオープニングトークを務める綾小路きみまろ(63)。きみまろは民放ゴールデン初レギュラーで、外国人とのコントにも挑戦するという。「中高年のアイドル」に番組への意気込みとこれからを聞いた。

――今回のオファーが来たときの感想は。

「初めて話が来たときは、私の顔で大丈夫? という思いでした。最初はお断りするつもりだったんですけど、プロデューサーの情熱にほだされて。もう63歳。最後の賭けみたいな感じ」

――きみまろさんは昔から仕事として「司会」をされていますが、これからはテレビでMCも?

「今、世の中で司会者が多くいる中でご指名いただいたのはうれしかった。確かに歌謡ショーの司会はやってたときもあったけど、テレビは全然違う。いつ切られるか分からないし、視聴率も言われて大変。芸人さんは漫才やってコントやって最後は司会者になりたいというのが目標らしいけど、芸人になった以上は芸で生きた方がいいんじゃないの。私は漫談家。食べられなくて司会はやったけど本業の漫談は欠かさずやりたいと考えています。それに、倒れます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事