有働アナが紅白総合司会を「あさイチ」で知ったのは本当か?

公開日:  更新日:

 10日、「第65回NHK紅白歌合戦」司会者が発表され、芸能記者から驚きの声が上がった。紅組司会の吉高由里子(26)と白組司会の嵐は想定内で、総合司会として有働由美子アナ(45)の名前が発表された時もさもありなんだったが、「えっ?」だったのは有働のリアクションだ。

 NHKはその瞬間を情報番組「あさイチ」で生中継。総合司会の発表は、画面右上のワイプと呼ばれる小窓に有働を映し出した。そこには「そうなの? ホント? マジで?」と右手を口に当てて驚く有働アナの姿が。

「司会者らの名前はNHK内でもほんの一部にしか知らされていないとのふれ込みだったけど、総合司会をするのが誰か知らないなんて信じられますか? 局アナに決まっているのにですよ。彼女ならではの演出かもしれません」(スポーツ紙記者)

 有働の総合司会は3回目。昨年の紅白では肩と胸をあらわにした金のイブニングドレス姿で日本中を驚かせ、セクシーすぎると話題を集めた。今年の衣装について聞かれると、「何ならセーラー服で登場しましょうか」と言い放っていたが、やはり有働さんは役者ってことでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る