日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全米OP中継で泣いたNHK 錦織に「紅白」出演依頼の皮算用

 決勝後のインタビュー合戦しかり、テレビ業界の「錦織特需」は凄まじかった。全米オープンの国内独占放送権を持つWOWOW。加入者数は月末締めの翌月発表のため、具体的な新規加入者数は明らかになっていないが、電話やインターネットでの問い合わせは「前年同期比の20倍」(同社広報部)だという。1992年の開局当初から全米、全豪、全仏を放送し続け、08年からウィンブルドンも加わった。それ以来、グランドスラムを網羅してきた国内唯一のテレビ局。今回の加入者殺到は、「地道に放送を続けてきたご褒美」(スポーツプロデューサーの杉山茂氏)というのも納得である。

 そんなWOWOWから9日に行われた決勝戦の録画放送権をギリギリで購入。生中継から遅れること7時間後、NHKは地上波放送にこぎつけた。「受信料を払ってるのに見られないぞ」というクレームが殺到する中、「皆さまのNHK」として何とか面目を保った格好だが、“本当の勝負”はこれからだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事