クールジャパン不発 日本ドラマが韓流に負ける3つの理由

公開日:  更新日:

「東京ドラマアウォード2014」のイベントとして22日に行われたシンポジウム。日本、韓国、タイ、インドネシアのドラマ制作の第一線で活躍する人々が集まったのだが、相変わらず韓流ドラマの人気は根強く、日本ドラマの劣勢な状況が浮き彫りになった。

「総人口の半数がドラマ視聴者。韓国の若者のファッションや流行が分かる韓国のドラマはタイの若者から絶大な支持を得ている。時代の流れでしょう、日本から韓国に人気が移行しています」(タイのドラマ監督)

「日本のドラマはかつて『おしん』が人気だったが、今の視聴者が好むドラマは韓国が得意とする軽いタッチで一瞬で幸せになれるシンデレラストーリー」(インドネシアのプロデューサー)

 ドラマ輸出を国策とする韓国政府としては、しめしめの結果だろう。

 日本も手をこまねいているわけではない。一般には浸透していないが、ドラマを世界に売り込むため、07年から民放連とNHKが中心となり「国際ドラマフェスティバル in TOKYO」を創設。翌年には海外でも通用する作品を表彰する「東京ドラマアウォード」を設け、海外市場へ売り込むべく足がかりをつくってきた。「クール・ジャパン」の一環で総務省や経産省が共催している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る