八代亜紀がエヴァ主題歌 「エンカのチカラ」に業界が大注目

公開日:  更新日:

 音楽業界が期待を持って見つめているアルバムがある。19日に発売予定の「エンカのチカラ」だ。

「衰退一途の演歌がなぜ?」と思われそうだが、このアルバム、ただの演歌ではない。都はるみ、八代亜紀、細川たかしといった、そうそうたるド演歌の歌手たちが、なんとアニメソングやJ-POPを歌うという趣向なのである。

 たとえば、都は「タッチ」、八代がエヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」、細川はチェッカーズの「ジュリアに傷心」といった具合だ。

「これまでアニメオタクと演歌は最も遠い存在でした。彼らにとって演歌とは最もダサいものだったかもしれない。しかし、このアルバムを耳にすることで、演歌を身近に感じてもらえる可能性があるのです。一方、これまで演歌ファンだった中高年には、耳慣れないアニソンを聞いてもらうことで“こんなカッコいい歌があったのか”と感じてもらえる。うまくいけば双方にとってメリットがあるアルバムなのです」(音楽評論家)

 今や音楽はスマホで聞く時代。演歌ばかりか、音楽業界全体が地盤沈下を起こしているともいわれる。「エンカのチカラ」がそんな状況にカツを入れることができるか。関係者は期待と不安で19日を待ち望んでいるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る