八代亜紀がエヴァ主題歌 「エンカのチカラ」に業界が大注目

公開日: 更新日:

 音楽業界が期待を持って見つめているアルバムがある。19日に発売予定の「エンカのチカラ」だ。

「衰退一途の演歌がなぜ?」と思われそうだが、このアルバム、ただの演歌ではない。都はるみ、八代亜紀、細川たかしといった、そうそうたるド演歌の歌手たちが、なんとアニメソングやJ-POPを歌うという趣向なのである。

 たとえば、都は「タッチ」、八代がエヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」、細川はチェッカーズの「ジュリアに傷心」といった具合だ。

「これまでアニメオタクと演歌は最も遠い存在でした。彼らにとって演歌とは最もダサいものだったかもしれない。しかし、このアルバムを耳にすることで、演歌を身近に感じてもらえる可能性があるのです。一方、これまで演歌ファンだった中高年には、耳慣れないアニソンを聞いてもらうことで“こんなカッコいい歌があったのか”と感じてもらえる。うまくいけば双方にとってメリットがあるアルバムなのです」(音楽評論家)

 今や音楽はスマホで聞く時代。演歌ばかりか、音楽業界全体が地盤沈下を起こしているともいわれる。「エンカのチカラ」がそんな状況にカツを入れることができるか。関係者は期待と不安で19日を待ち望んでいるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  7. 7

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  8. 8

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  9. 9

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る