• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本人は寝耳に水!? ピーター・アーツ「引退試合」でフジがソロバン勘定

 フジテレビがかつて視聴率3冠を独走していた時代に大貢献したのがスポーツ部門。中でもK―1やPRIDEといった総合格闘技は大ブームを巻き起こした。しかし、今では全てが衰退してしまった。

「K―1は運営会社の業績が悪化。PRIDEは週刊誌で暴力団との密接な関係が報じられてフジが撤退。あっという間に崩壊した」(スポーツジャーナリスト)

 そんな中、K―1ブームを支えた立役者の一人である元王者のピーター・アーツ(43)が先日、キックボクシングから引退することを発表。12月21日に有明コロシアムで行われる引退試合をフジテレビが中継し「花道」を飾るというのだが……。

「フジに引退試合の話を持ち込んだのが、かつてK―1のプロデューサーを務めた谷川貞治氏。当初、アーツとは別のK―1ファイター2人が引退することになり、フジに『引退イベントを中継してほしい』と持ち掛けたが断られた。そこで、『じゃあ、アーツの引退試合をやりましょう』とアーツ側に無断で話を持ち込むとフジも承諾。アーツは周囲に『オレはまだ引退しない』と激怒するも、お世話になった谷川氏の顔を立てたともっぱらです」(格闘技関係者)

 フジが「夢よもう一度」で、ソロバン通りの視聴率を稼げるか注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る