本人は寝耳に水!? ピーター・アーツ「引退試合」でフジがソロバン勘定

公開日: 更新日:

 フジテレビがかつて視聴率3冠を独走していた時代に大貢献したのがスポーツ部門。中でもK―1やPRIDEといった総合格闘技は大ブームを巻き起こした。しかし、今では全てが衰退してしまった。

「K―1は運営会社の業績が悪化。PRIDEは週刊誌で暴力団との密接な関係が報じられてフジが撤退。あっという間に崩壊した」(スポーツジャーナリスト)

 そんな中、K―1ブームを支えた立役者の一人である元王者のピーター・アーツ(43)が先日、キックボクシングから引退することを発表。12月21日に有明コロシアムで行われる引退試合をフジテレビが中継し「花道」を飾るというのだが……。

「フジに引退試合の話を持ち込んだのが、かつてK―1のプロデューサーを務めた谷川貞治氏。当初、アーツとは別のK―1ファイター2人が引退することになり、フジに『引退イベントを中継してほしい』と持ち掛けたが断られた。そこで、『じゃあ、アーツの引退試合をやりましょう』とアーツ側に無断で話を持ち込むとフジも承諾。アーツは周囲に『オレはまだ引退しない』と激怒するも、お世話になった谷川氏の顔を立てたともっぱらです」(格闘技関係者)

 フジが「夢よもう一度」で、ソロバン通りの視聴率を稼げるか注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る