本人は寝耳に水!? ピーター・アーツ「引退試合」でフジがソロバン勘定

公開日:  更新日:

 フジテレビがかつて視聴率3冠を独走していた時代に大貢献したのがスポーツ部門。中でもK―1やPRIDEといった総合格闘技は大ブームを巻き起こした。しかし、今では全てが衰退してしまった。

「K―1は運営会社の業績が悪化。PRIDEは週刊誌で暴力団との密接な関係が報じられてフジが撤退。あっという間に崩壊した」(スポーツジャーナリスト)

 そんな中、K―1ブームを支えた立役者の一人である元王者のピーター・アーツ(43)が先日、キックボクシングから引退することを発表。12月21日に有明コロシアムで行われる引退試合をフジテレビが中継し「花道」を飾るというのだが……。

「フジに引退試合の話を持ち込んだのが、かつてK―1のプロデューサーを務めた谷川貞治氏。当初、アーツとは別のK―1ファイター2人が引退することになり、フジに『引退イベントを中継してほしい』と持ち掛けたが断られた。そこで、『じゃあ、アーツの引退試合をやりましょう』とアーツ側に無断で話を持ち込むとフジも承諾。アーツは周囲に『オレはまだ引退しない』と激怒するも、お世話になった谷川氏の顔を立てたともっぱらです」(格闘技関係者)

 フジが「夢よもう一度」で、ソロバン通りの視聴率を稼げるか注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る