松竹解任騒動 奥山和由を奮い立たせた深作欣二からの手紙

公開日:  更新日:

 一瞬の出会いや憧れが、その後の人生を決定づけてしまうことがある。4万人を集めた京都国際映画祭の総合プロデューサー、奥山和由氏(59)にとっては故・深作欣二監督(享年72)だ。大学浪人中の40年前、京都撮影所に時はさかのぼる。

「なんやワレ」って、スタッフらしき人に広島弁で凄まれながら、こちらの素性を書いた手紙を半ば強引に手渡したんです。「監督に届けてください。どうしてもお会いしたいんです」って。

 映画に興味があったとか、いうわけじゃありません。ただこの頃、週刊朝日のグラビア特集で「仁義なき戦い」の撮影に臨む深作監督を見て、菅原文太さんらに演出をつけるヤクザのような、型破りな姿に目がくぎづけになり、「もうやってられん」と最後、大の字に寝転ぶ写真から、とてつもない自由を感じたんです。

 アポなしで、撮影中に会ってくれも何もないんですが、何度も通っていると、「よかったら、また京都に来ないか」って電話が鳴ったんです。深作監督からでした。喜び勇んで駆けつけると、お酒をごちそうしてくださり、改革、革命、既成概念の突破の必要などといった、高校を出たての若造の話に笑顔で耳を傾けてくれました。そして「君を見ていると思い出すよ」と、ウイスキーのコースターに書いてくれたのが、フランスの哲学者ポール・ニザンの言葉。「人間は完全に自由でない限り、夜ごと夢を見続けるだろう」というものでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る