変質するNHK紅白…出場431人、特例だらけ、辞退続出

公開日:  更新日:

「歌合戦という番組自体のコンセプトはすでに崩壊しており、一年の締めくくりにふさしい音楽番組として体をなしていない。衆院選同様、『大義なき』紅白といった印象です」

 のっけから厳しい意見なのは音楽評論家の富澤一誠氏だ。

 26日、大晦日のNHK紅白歌合戦の出場歌手発表会見が同局で行われ、初出場のHKT48、V6、SEKAI NO OWARI、May J.らが出席した。今年のテーマは「歌おう。おおみそかは全員参加で!」。大ヒットした「アナ雪」のテーマ曲が想起されるが、日本語版を歌った松たか子は不出場。他にも常連組ではコブクロ、浜崎あゆみ、aiko、ゆず、ドリカムなどが出場せず、昨年までとは違った景色になっている。

 レコード会社幹部が解説する。

「“落選”と“不出場”は雲泥の差です。浜崎は落選ですが、コブクロはNHK側と中継などの演出方法を巡って折り合いがつかず不出場。ゆずも同様の理由です。つまり、人気も実力もあるアーティストにとって紅白自体にかつての重みも栄光もなく、暮れの音楽番組のひとつと同じになっている。むしろ、ギャラも安くて拘束時間も長い紅白は敬遠されている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る