野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

<第13回>迫真の演技だったビートたけしの“シャブ中”

公開日:  更新日:

【夜叉(1985年・東宝)】

 高倉健扮する主人公はかつて大阪のミナミで「人斬り夜叉」と呼ばれたやくざ。堅気になって、若狭湾に面した小さな港町で漁師として働いていた。そこへミナミから水商売の女、蛍子(田中裕子)が流れてきて、居酒屋を開く。しばらくは平和なままだったのだが、女のヒモ(ビートたけし)が現れ、漁師たちに覚醒剤を売るようになってから港町にさざ波が立つ。最後は蛍子、ヒモのために主人公はミナミに乗り込み、刃を振るう。

 ビートたけし、田中裕子の芝居は迫真という表現がぴったりだ。特に、覚醒剤中毒になったたけしが包丁を持って田中裕子を追い回すシーンは、ニュースフィルムを見ているような錯覚に陥る。役者でなく、本物のシャブ中を連れてきて、出演させているのではないかと思ってしまう。

 その他にも大滝秀治、田中邦衛、小林稔侍、いしだあゆみと高倉健映画の常連陣が脇に回る。ぜいたくなキャスティングの娯楽映画だ。いい映画なのだけれど、高倉健が背中に夜叉の入れ墨を背負っているために、テレビでは恐らく放映されないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る