野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

<第15回>政治家よりも経済人よりも日中友好に寄与した

公開日:  更新日:

【単騎、千里を走る。 (2006年・東宝)】

 北京オリンピックの開会式を演出したチャン・イーモウ監督の作品。チャン監督作品は「紅いコーリャン」「あの子を探して」「初恋のきた道」なども知られている。

 この映画は高倉健が出演したなかではあまり評価されていない。公開時は反日デモがあったため、日本国内で中国映画を敬遠する雰囲気があった。そのため、この映画はヒットしたとはいえない。

 しかし、わたしはこの作品は高倉健がやりたくてたまらなかったものであり、それだけに彼の気が入った作品だと思っている。

 チャン監督は高倉健の出演を熱望した。それは事実だ。だが、高倉健もまたチャン監督のファンであり、「一度は一緒に仕事をしたい」と願っていたのである。チャン監督の一方的な熱情に動かされて出演したわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る