• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“年女”高畑充希が告白 「恋愛には積極的、好きならすぐ行動」

「ずっと走っていた一年でした」という女優・高畑充希(23)。大河ドラマ、映画、舞台、CMと引っ張りだこだったが、大ブレーク寸前の“年女”が自ら語った素顔は意外にも……。

 2014年は初めて作品の掛け持ちをしたので、気持ちの切り替えが難しかったです。朝ドラ(「ごちそうさん」)のときは半年間、実家(大阪)に住んでいたので、余裕があったけど、終わると東京に残していたことが一斉に押し寄せてきて……だから全部を捨ててやりたくなって、一番忙しい時期に引っ越しました。思い立ったらすぐ行動に移すタイプ。生まれて初めて全部自分で手続きをして「大人になったなあ」と思いました。大河(「軍師官兵衛」)で一緒だった寺尾聰さんは引っ越し祝いをくださいました。いただいたのは、バーミックス(フードプロセッサー)とドライヤー。打ち上げの日、「これからいろんな人にいろんなアドバイスされると思うけど、自分がいいと思うものだけ頭に入れて、思わないものは聞き流して、いい女優になれよ」と言われ、固く握手して去っていったのがすごくカッコ良かった。いい女優にならなきゃと思いましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る