歴代ワースト3発進 大河「花燃ゆ」敗因はNHKの“番宣”か

公開日: 更新日:

 出演者も豪華で実力派揃い。NHKとしては新たな視聴者層開拓を狙い、さまざまな手を尽くしたが、欲張り過ぎたのか、思ったような結果にならなかったのは残念の極みだろう。

 型破りな兄・吉田松陰(伊勢谷友介)を優しく見守る主人公の文。のちに夫となる小田村伊之助(大沢たかお)と川辺でばったりと遭遇する。この志高き2人の男は、藩の政策を声高に批判し、禁書も読んでいた――というのが初回のあらすじだったが、識者はどう見たか。

 作家の麻生千晶氏が言う。

「そもそも期待薄だったこともありますが、初回の出来はまあまあ。軟派な番宣とは異なり、実際は硬派に作られていました。幕末期の若い長州藩士が国の行く末を憂う姿や、萩一番といわれた松陰の秀才ぶりを彷彿とさせる言動などが丁寧に描かれ、制作側の意図や思惑がきちんと表れていました。ですが、8歳の女児が私塾に自由に出入りするなんて当時では考えられないこと。ただ、そういう根本を問題視しては今作は成り立たない。そもそもの部分は差し引いた上で申し上げたいのは、今後、歴史背景を描きながら、表舞台に現れない主人公を軸にどう物語を展開させていくか。つまり、脚本が問われるわけです。思えば、山内一豊夫婦を描いた『功名が辻』(06年)もホームドラマ。『花燃ゆ』も視聴者から受け入れられる素地はあります。無論、物語の要である主人公をうまく描けなければ、大コケした『八重の桜』(13年)の二の舞いにもなりかねません」

 物語は始まったばかり。巻き返せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  6. 6

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  7. 7

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  8. 8

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  9. 9

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  10. 10

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

もっと見る