元日放送なら20%超え? チャンス逃した「オリエント急行」

公開日: 更新日:

 3連休後半の11日、12日に2夜連続で放送されたフジテレビ開局55周年特別企画「オリエント急行殺人事件」。三谷幸喜の脚本で、第1夜はアガサ・クリスティの原作を忠実に再現。第2夜は殺人に至る経緯や犯人の行動などを掘り下げて描いた三谷オリジナル編。どちらも3時間の長尺だ。

 舞台は昭和初期の日本。タイトルには「オリエント急行」とあるが、ドラマでは「特急東洋」という架空の豪華列車が舞台。その列車が豪華なのもさることながら、発着駅「下関」の駅舎や、調度品、看板、貼り紙に至るまで、細部にわたって当時の雰囲気を醸し出していて、気合が入っているなあという感じ。

 最近のドラマはセットや衣装にはこだわってもそういうところはおざなりにしがちなので、大いに評価できる。

 出演者は三谷の作品ではおなじみの顔が多く、安心して見られた。主演の野村萬斎も三谷の舞台に出演したことがある。その野村が演じるのは原作の名探偵ポアロではなく、勝呂武尊。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る