• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

朝の食卓に一升瓶 堤大二郎を大トラに育てた“酒DNA”

 デビュー35周年。ベテラン俳優として舞台や西村京太郎サスペンス「十津川警部シリーズ」の西本刑事役で活躍中の堤大二郎さん(54)は20代から酒豪で鳴らした。楽しく飲む秘訣とは……。

 ボクは今も晩酌は欠かさないし、お付き合いもあるから、365日飲まない日はない。休肝日もなしですよ。
 それでも、体調はいいし、病気知らず。去年女房に勧められて、肝機能と胃腸の精密検査をしてきたけど、お医者さんが「きれいな肝臓ですねー」って、目を丸くして驚いてたくらい。万全です。

 20代から結構、飲んでました。1人でビールの大瓶3ケースに日本酒2升って記録があります。友人たちと夕方から飲み始め、1ケース空けた頃にはだれもついてこれない。それでもガンガン飲んでたら、お店の人が「3ケース空きましたよ」って。もしかしたら在庫がなくなったのかもね。それで日本酒に替えて、さらに1人で延々と飲み直し。気分も体調も絶好調だったんでしょう。お開きになった頃には完全に夜が明けていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る