小説「灯籠」が舞台化…“カープ女子”うえむらちかの多芸多才

公開日: 更新日:

「仲間内では“私はハイパーメディアクリエーターを目指す!”なんて、言ってます(笑い)」

 広島県安芸郡出身で、産声を上げた時からカープファン。昨年は「カープ女子」として観戦グラビア記を出版したうえむらちか(29)。デビュー直後の07年から「アイフル」のCMに抜擢され、人気を博して以降、女優や声優として活動する。だが、イラストも4コマ漫画も描く。小説も執筆する。5日からは、自身2作目の小説「灯籠」(ハヤカワ文庫JA)原作の舞台が始まる。

「デビューのずっと前から中国新聞の短編文学賞に応募したり、とにかく物語をつくるのが好きな女の子でした。高校で文芸部に所属してから、その志向がどんどん加速していって……。漫画やアニメも大好き。『セーラームーン』の続編を自分で妄想していたので、それを絵で表現できるようになるため、専門学校に通ったんです。学費免除の制度を利用して声優タレント科も履修した。私の原点です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る