• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小説「灯籠」が舞台化…“カープ女子”うえむらちかの多芸多才

「仲間内では“私はハイパーメディアクリエーターを目指す!”なんて、言ってます(笑い)」

 広島県安芸郡出身で、産声を上げた時からカープファン。昨年は「カープ女子」として観戦グラビア記を出版したうえむらちか(29)。デビュー直後の07年から「アイフル」のCMに抜擢され、人気を博して以降、女優や声優として活動する。だが、イラストも4コマ漫画も描く。小説も執筆する。5日からは、自身2作目の小説「灯籠」(ハヤカワ文庫JA)原作の舞台が始まる。

「デビューのずっと前から中国新聞の短編文学賞に応募したり、とにかく物語をつくるのが好きな女の子でした。高校で文芸部に所属してから、その志向がどんどん加速していって……。漫画やアニメも大好き。『セーラームーン』の続編を自分で妄想していたので、それを絵で表現できるようになるため、専門学校に通ったんです。学費免除の制度を利用して声優タレント科も履修した。私の原点です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る