日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

同情を誘う演出? 「ロンハー」で涙の矢口真里は狙い的中か

 タレントの矢口真里(32)が10日、テレビ朝日のバラエティ番組「ロンドンハーツ」に出演して「裏表のありそうな女」でワースト1位にランクインして2冠に選ばれたが、番組内で涙した矢口に「演出じゃないのか」と批判の声があがっている。

 同番組の「格付けしあう女たち 混ぜるな危険SP」で、“不倫で騒がせすぎた女”というテロップ付きで登場した矢口。番組終盤に「裏表のありそうな女」ランキングでワースト1位にランクインすると、一般男女から寄せられた「被害者面しているのが腹立つ」「日本で一番ヤバイ」といった辛辣なコメントを司会の田村淳(41)に立て続けに聞かされ、涙をこぼした。

 番組放送後、矢口は夜中に自身のブログを更新。「ずっと自分の事で泣くのは違うと思い、我慢してきたのですが、出てしまいました」と収録当時の気持ちを明かした。ツイッターやネット掲示板では、相変わらず矢口への批判コメントが後を絶たないものの、<頑張れ><みんな矢口責めてて可哀想>と同情を寄せる声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事