バンビーノ 日本語いらずコント「ダンソン」で世界進出の野望

公開日:  更新日:

 昨年10月、コント芸のナンバーワンを決める「キングオブコントLIVE」に出演し、ネタを披露した瞬間からネットを話題騒然とさせたコンビがバンビーノ。あっという間にヤフー!の検索ワードランキングで1位を獲得し、「もう一度見たい」「あのダンスと呪文が頭から離れない」と評判になった。

 その呪文「ダンソン! ピーザキー! トゥーザティーサザコッサ」は今、「ラッスンゴレライ」と並んで中高生を中心に大人気。ネット上には彼らを真似た一般人の「ダンソン動画」があふれている。そのネタは、「昔々、ジャングルの奥地にダンシング・フィッソン族という民族がいた」というナレーションで始まるコント。ヤリやオノでは動物を狩れないとみた原始人が「ダンソン!」という謎の呪文を発し、前後にリズムを取りながらダンスをする。するとその謎の呪文とダンスに誘われた動物が近づいた隙に、無事捕獲するというもの。日本語は最初のナレーションだけという前代未聞のコントなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る