「ラッスン」8.6秒バズーカー 見習うべきは“オリラジの背中”

公開日:  更新日:

 デビュー1年にも満たない「ひよっこ」がお笑い界を席巻中だ。「8.6秒バズーカー」(左がはまやねん=23、右が田中シングル=23)。はやりモノには疎くても「ラッスンゴレライ」という意味不明の言葉くらいは耳にしたひとは多いだろう。

 多い時は1日7~8件の仕事をこなし、東京と大阪を往復する日々。3月にはDVDが発売され、4月には大阪のNGK(なんばグランド花月)で史上最速で単独ライブを行うことが決定。ユーチューブの公式動画(写真)はいまや1740万回再生を突破。小中学生や先輩芸人だけでなく、韓国の人気バンドBIGBANGが日本公演中にネタをマネするなど一種の社会現象になっている。

 彼らのおかげで「リズムネタ」というジャンルがあることを知ったひともいるはず。本人たちも「ネタは覚えてもらってるのに、僕らの名前は全然浸透してない」と嘆くほど、あっという間にブレークしてしまった。しかし、“促成栽培”ゆえの壁に早くもぶつかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る