「ラッスン」8.6秒バズーカー 見習うべきは“オリラジの背中”

公開日: 更新日:

 デビュー1年にも満たない「ひよっこ」がお笑い界を席巻中だ。「8.6秒バズーカー」(左がはまやねん=23、右が田中シングル=23)。はやりモノには疎くても「ラッスンゴレライ」という意味不明の言葉くらいは耳にしたひとは多いだろう。

 多い時は1日7~8件の仕事をこなし、東京と大阪を往復する日々。3月にはDVDが発売され、4月には大阪のNGK(なんばグランド花月)で史上最速で単独ライブを行うことが決定。ユーチューブの公式動画(写真)はいまや1740万回再生を突破。小中学生や先輩芸人だけでなく、韓国の人気バンドBIGBANGが日本公演中にネタをマネするなど一種の社会現象になっている。

 彼らのおかげで「リズムネタ」というジャンルがあることを知ったひともいるはず。本人たちも「ネタは覚えてもらってるのに、僕らの名前は全然浸透してない」と嘆くほど、あっという間にブレークしてしまった。しかし、“促成栽培”ゆえの壁に早くもぶつかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る