• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ラッスン」8.6秒バズーカー 見習うべきは“オリラジの背中”

 デビュー1年にも満たない「ひよっこ」がお笑い界を席巻中だ。「8.6秒バズーカー」(左がはまやねん=23、右が田中シングル=23)。はやりモノには疎くても「ラッスンゴレライ」という意味不明の言葉くらいは耳にしたひとは多いだろう。

 多い時は1日7~8件の仕事をこなし、東京と大阪を往復する日々。3月にはDVDが発売され、4月には大阪のNGK(なんばグランド花月)で史上最速で単独ライブを行うことが決定。ユーチューブの公式動画(写真)はいまや1740万回再生を突破。小中学生や先輩芸人だけでなく、韓国の人気バンドBIGBANGが日本公演中にネタをマネするなど一種の社会現象になっている。

 彼らのおかげで「リズムネタ」というジャンルがあることを知ったひともいるはず。本人たちも「ネタは覚えてもらってるのに、僕らの名前は全然浸透してない」と嘆くほど、あっという間にブレークしてしまった。しかし、“促成栽培”ゆえの壁に早くもぶつかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る