中高年ハマるBSチャンネル「昭和レトロ」ブームの見どころ

公開日:  更新日:

 BSは、昭和レトロがちょっとしたブームだ。BSジャパンで毎週水曜夜8時の「武田鉄矢の昭和は輝いていた」が漫才コンビやすきよ、スーパーカー、ハイセイコーと、昭和を熱くした人、モノ、出来事を毎回ピックアップ。当時をよく知る関係者とともに司会の武田鉄矢が懐かしの秘蔵エピソードトークを展開している。

 また、BS朝日「昭和偉人伝」(水曜夜9時)はそのタイトル通り、激動の時代を牽引した著名人たちの波瀾万丈の生き方を振り返っていく。俳優、國村隼の落ち着いたナレーションで、「男はつらいよ」の渥美清ら今は亡きスターの、今だからこそ明かせる秘話を取り上げる。同時代を生きてきた中高年には「そうだったのか」と感慨を新たにできる内容だ。

 ドキュメンタリーだけじゃない。街角から聞こえなくなって久しい流行歌をもう一度という番組もある。音大出のコーラスグループ「フォレスタ」が懐メロを歌い上げる「BS日本・こころの歌」(月曜夜9時)は根強い人気番組となっている。真新しい演出はなく、正装したグループが折り目正しく、名曲を歌い上げていくだけだが、「お笑いタレントがうるさいだけの地上波バラエティーなんかより、ずっといい」とチャンネルを合わせる中高年が多いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る