漫才コンビ・三拍子の貧乏時代は「女性と住まい」で正反対

公開日:  更新日:

「THE MANZAI2014」(フジテレビ系)に、敗者復活で登場して話題の漫才コンビ・三拍子。いい男とデブキャラの2人は見た目が違うし、同じ貧乏でもその生活ぶりはまったく違った……。

高倉 東京アナウンス学院のお笑いタレント科で知り合ってコンビを組み、卒業後の2003年あたりはネタ芸人ブームで、事務所もすぐ決まり、「爆笑オンエアバトル」をはじめ、「笑いの金メダル」とか仕事がすごいあった。

久保 ホント、いい時代でしたね。二十歳から営業も入ったし、お笑いだけで食えちゃった。

高倉 「こんなに簡単なんだ!」と思ってちょっと天狗になりました。僕はそのころに結婚して、式には番組で一緒の女子アナも来てくれて盛大でした。

久保 ところが、相方の結婚を境に右肩下がりで仕事がどんどん減っちゃって!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る