お笑い仕事は月2日…ソラシド本坊元児のバイト&貧乏生活

公開日:  更新日:

 明日のブレークを信じてガテン系バイトに汗を流す、お笑いコンビ「ソラシド」のボケ担当、本坊元児(36)。お笑いの仕事は月にわずか2日だけ、それ以外はバイトの日々。「プロレタリア芸人」(扶桑社)を発売したばかりだ。

■2年ぶりに奮発したハンバーグが…

 3年前の初夏のことでした。湘南海岸は日差しがすごくまぶしくて、江の島を右手に見ながら、その手前では、何十人ものサーファーが気持ち良さそうに波乗りしていて。

 ボクはといえば、くたびれた作業着にヘルメット、安全靴を履き、海まで歩いて3分ほどの建築現場のバイト作業員でした。それで海を眺めながら昼飯を食べようと、砂浜まで歩いたんです。

 節約のため、完全自炊で、いつも手作り弁当でしたが、この日は定番のミートボールではなく2年ぶりにハンバーグを大奮発。その重量感はミートボールの比じゃありません。値段はたった数十円の違いかも知れませんが、ボクの中では横綱と平幕くらいの歴然とした違いがあるんです。トロットロのデミグラスソースがツヤツヤとおいしそうでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る