“反戦自衛官”と呼ばれた小西誠さんは後輩たちの相談に尽力

公開日:  更新日:

 全共闘時代を中心に、かつて“反戦自衛官”と呼ばれる自衛官が何人かいた。この人は代表的な人物だろう。1969年、自衛隊の治安出動訓練を拒否し、自衛隊法違反で逮捕された小西誠さん(66)だ。81年に無罪が確定したが、小西さん、今どうしているのか。

「自衛隊こそブラック企業のハシリであり、その手の企業のお手本にされた組織じゃないか。そう思いますね」

 JR高円寺駅から約12分、1990年に自ら立ち上げた出版社、社会批評社で会った小西さん、まずはこういった。

「例えば、契約社員問題。期間限定の雇用で、契約期間終了後に使用者側が再雇用しない限りは退職という『雇い止め』は、自衛隊の一般隊員の雇用期限と同じです。当局が再雇用しなければ、雇用期間をもって任期終了になり、退官せざるを得ない。また、サービス残業も自衛隊が元祖でしょう。災害派遣などの非常時を想定した24時間勤務態勢が日常的に敷かれ、長時間勤務を強いられても、スズメの涙ほどの手当しか出ない。いや、出ればマシ、といった方がいいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る