“反戦自衛官”と呼ばれた小西誠さんは後輩たちの相談に尽力

公開日:  更新日:

 全共闘時代を中心に、かつて“反戦自衛官”と呼ばれる自衛官が何人かいた。この人は代表的な人物だろう。1969年、自衛隊の治安出動訓練を拒否し、自衛隊法違反で逮捕された小西誠さん(66)だ。81年に無罪が確定したが、小西さん、今どうしているのか。

「自衛隊こそブラック企業のハシリであり、その手の企業のお手本にされた組織じゃないか。そう思いますね」

 JR高円寺駅から約12分、1990年に自ら立ち上げた出版社、社会批評社で会った小西さん、まずはこういった。

「例えば、契約社員問題。期間限定の雇用で、契約期間終了後に使用者側が再雇用しない限りは退職という『雇い止め』は、自衛隊の一般隊員の雇用期限と同じです。当局が再雇用しなければ、雇用期間をもって任期終了になり、退官せざるを得ない。また、サービス残業も自衛隊が元祖でしょう。災害派遣などの非常時を想定した24時間勤務態勢が日常的に敷かれ、長時間勤務を強いられても、スズメの涙ほどの手当しか出ない。いや、出ればマシ、といった方がいいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る