“反戦自衛官”と呼ばれた小西誠さんは後輩たちの相談に尽力

公開日: 更新日:

 小西さんは宮崎県串間市生まれ。中学卒業と同時に少年自衛官に。

「7人兄弟の6番目。それまで食うや食わずの極貧生活でしたから、これからは食べ物の心配はない。おまけに給料がもらえ、少年自衛官を経れば、高卒の資格が手に入る。当然、国家に奉仕する愛国少年が誕生しました」

■全共闘運動をきっかけに”反戦”活動へ

 3等空曹として任官し、佐渡分屯基地に配属されるも、ベトナム反戦や全共闘運動が全国に燎原の火のごとく広がっていた1969年。法政大学法学部通信課程に通いながら、全共闘運動に関わる学生たちと交流するうちに心境に劇的な変化が生じた。

「70年安保闘争を想定して、治安出動訓練が行われましてね。治安出動訓練は、すなわち国民に銃を向ける訓練です。信じていた自衛隊に裏切られた思いでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る