“反戦自衛官”と呼ばれた小西誠さんは後輩たちの相談に尽力

公開日: 更新日:

 詳しくは小西さんの近著「自衛隊 この国営ブラック企業」(社会批評社)に譲るとして、一貫して自衛隊にこだわるのはナゼか。

「自衛隊に深い恨みがあるわけじゃないですよ。空自の少年自衛官として入隊し、20歳まで自分の職業に誇りを持って勤務してきたわけですから。ただし、です。将来的には自衛隊という『軍隊』は日本からなくなればいい、とは思ってます。その前に、自衛隊の民主化が先ですが」

 目下力を入れているのが、理不尽なイジメやパワハラに直面している現役自衛官に対する支援。「自衛官人権ホットライン」の事務局長として相談に応じている。

「04年のイラク戦争の際に始めたから、もう11年目になります。閉鎖的な組織にはイジメや体罰は付きもので、ボクの在職中にもイジメはありました。ほとんどは一般隊員同士でしたが、最近は中堅・幹部自衛官同士のパワハラが急増してる。原因? 海外派遣による短期間の単身赴任が繰り返され、このところ災害救助活動も多い。つまり、ストレスの増加です。加えて、自衛隊員の不祥事が多発した結果、隊内の引き締めと称し、私生活を厳しく管理し始めた。その鬱憤のはけ口という面もあると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る