満身創痍の根津甚八 「GONIN」続編で見せた“最後”の迫力演技

公開日: 更新日:

 クランクインのときは、少し以前よりふっくらし、久しぶりの現場に戸惑っているように周囲には見えたようだ。2010年に俳優引退を表明後、この秋公開の映画「GONIN サーガ」(石井隆監督)で1作だけのカムバックを果たした根津甚八(67)である。

 20年前に出演した「GONIN」の続編で、根津は同じ役柄、汚職でクビになった元刑事の氷頭を演じた。凶弾で生死の境をさまよっていたが、19年ぶりに植物状態から蘇ったとの設定で、石井監督からの熱烈オファーに対して「最後にもう一度、試してみよう」と決断したとコメントしている。

 実生活では、作品よりも過酷な闘病生活を送ってきたといっていいかもしれない。93年に撮影で落馬して腰椎損傷。01年からは「右目下直筋肥大」という難病に侵された。物が二重に見える「複視」や目を自分の意思で動かすことが困難になったり、右まぶたが垂れ下がる症状が出る。それで何度も整形手術を受けるも、04年にはこの視力障害が原因ともみられる交通事故を起こしてしまう。さらにその翌年、椎間板ヘルニアの手術を受けたが、歩行障害が残り、つえを手放せなくなった上、うつ病にも苦しんできた。今回の撮影には車いすでの参加だった。関係者が振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る