“普通の目線”が奏功か 北野監督コメディー映画ヒットの理由

公開日: 更新日:

 北野武監督の「龍三と七人の子分たち」がヒットしている。5月6日時点で興収が9億5000万円を突破した。最終的には10億円を超えるという。彼の前作、前々作である「アウトレイジ」の2本とそれほど変わらない数字だから、大健闘である。

 北野監督にとってコメディー映画がヒットするのは初めて。これまでも笑いを題材にした映画は何本かあったが、ヒットしなかった。

 テーマや設定が一般的な世界ではなく、笑いの質うんぬんの前に人々が関心を持つまでにいかなかったのだ。今回は元ヤクザのジジイたちが“大暴れする”という設定がわかりやすい。

 劇場では年配者が大笑いしている。ジジイたちのバカなセリフや突拍子もない行動が大受け。それも、年配者に通じる笑いである。北野映画でこれだけ劇場に笑い声が響くのは初めてといっていい。監督もしてやったりだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る