• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“普通の目線”が奏功か 北野監督コメディー映画ヒットの理由

 北野武監督の「龍三と七人の子分たち」がヒットしている。5月6日時点で興収が9億5000万円を突破した。最終的には10億円を超えるという。彼の前作、前々作である「アウトレイジ」の2本とそれほど変わらない数字だから、大健闘である。

 北野監督にとってコメディー映画がヒットするのは初めて。これまでも笑いを題材にした映画は何本かあったが、ヒットしなかった。

 テーマや設定が一般的な世界ではなく、笑いの質うんぬんの前に人々が関心を持つまでにいかなかったのだ。今回は元ヤクザのジジイたちが“大暴れする”という設定がわかりやすい。

 劇場では年配者が大笑いしている。ジジイたちのバカなセリフや突拍子もない行動が大受け。それも、年配者に通じる笑いである。北野映画でこれだけ劇場に笑い声が響くのは初めてといっていい。監督もしてやったりだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る