“普通の目線”が奏功か 北野監督コメディー映画ヒットの理由

公開日: 更新日:

 北野武監督の「龍三と七人の子分たち」がヒットしている。5月6日時点で興収が9億5000万円を突破した。最終的には10億円を超えるという。彼の前作、前々作である「アウトレイジ」の2本とそれほど変わらない数字だから、大健闘である。

 北野監督にとってコメディー映画がヒットするのは初めて。これまでも笑いを題材にした映画は何本かあったが、ヒットしなかった。

 テーマや設定が一般的な世界ではなく、笑いの質うんぬんの前に人々が関心を持つまでにいかなかったのだ。今回は元ヤクザのジジイたちが“大暴れする”という設定がわかりやすい。

 劇場では年配者が大笑いしている。ジジイたちのバカなセリフや突拍子もない行動が大受け。それも、年配者に通じる笑いである。北野映画でこれだけ劇場に笑い声が響くのは初めてといっていい。監督もしてやったりだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    ソフト甲斐野5000万円更改も…東洋大出世争いに意外な伏兵

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る