“普通の目線”が奏功か 北野監督コメディー映画ヒットの理由

公開日:  更新日:

 北野武監督の「龍三と七人の子分たち」がヒットしている。5月6日時点で興収が9億5000万円を突破した。最終的には10億円を超えるという。彼の前作、前々作である「アウトレイジ」の2本とそれほど変わらない数字だから、大健闘である。

 北野監督にとってコメディー映画がヒットするのは初めて。これまでも笑いを題材にした映画は何本かあったが、ヒットしなかった。

 テーマや設定が一般的な世界ではなく、笑いの質うんぬんの前に人々が関心を持つまでにいかなかったのだ。今回は元ヤクザのジジイたちが“大暴れする”という設定がわかりやすい。

 劇場では年配者が大笑いしている。ジジイたちのバカなセリフや突拍子もない行動が大受け。それも、年配者に通じる笑いである。北野映画でこれだけ劇場に笑い声が響くのは初めてといっていい。監督もしてやったりだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る