実況見分に夫人は…萩原流行さんの死に募る警察への不信感

公開日:  更新日:

 残された妻と警察が大モメだ。先月22日に東京・杉並区の青梅街道でバイクを運転中に事故を起こして亡くなった萩原流行(享年62)。萩原は警視庁の護送車に接触後、後続車にはねられたとみられ、14日に死亡事故の実況見分を警視庁が行った。

 自身の弁護士とともに立ち会った萩原の妻のまゆ美さんは、萩原を荼毘に付した後の会見では「警察にお任せします」とコメント。ところが、見分の現場では「納得いかない」「でたらめなことばかりしている」と現場に集まった報道陣に警視庁に対する批判や不信感をぶちまけ、見分の現場に乗り込んで激高する場面もあったというのだ。

「まゆ美さんは萩原さんが亡くなった直後、自宅に集まっていた報道陣の一部と揉め、警察が出動する騒ぎが起きた。その時は自宅に殺到する報道陣のことは決して味方とは思っていなかったようだが、今回の見分が行われることを一部にリーク。まさか、報道陣に漏れているとは思わなかった警視庁は困惑していたそうです」(報道番組関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る