萩原流行さん支えうつと闘い “気丈妻”まゆ美さんの壮絶半生

公開日:  更新日:

 バイク事故で亡くなった萩原流行さん(享年62)の妻・まゆ美さん(62)の言動に注目が集まっている。

 22日に悲報が流れた翌日、自宅前で芸能マスコミの取材に1時間以上応じ、「短い間に濃密に生きて終えた、あの人らしいと思う」などと胸中を語ったかと思えば、報道された記事を読んで「夫の過去の事故と結びつけるような誤報がある」と意見したり、「警察の説明に少しおかしいと思うところもあった。徹底的に調べてほしい」と、警察に全容解明を求めたり。とにかく気丈なのである。スポーツ紙芸能デスクが言う。

「まゆ美さんは萩原さんより1学年上の1952年生まれ。萩原さんは、まゆ美さんを繊細で敏感な性格から『まめ』と呼び、全幅の信頼を寄せていました。夫妻には09年発売の共著『Wうつ~うつが、ふたりを本当の夫婦にした。』がありますが、まゆ美さんの半生も萩原さんと同じくらい壮絶ともっぱらです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る