派閥入らず一匹狼…木下優樹菜の人気の秘密は“元ヤン感覚”

公開日: 更新日:

 多くのママタレが、「うの会」「大沢会」などの芸能界ママ友派閥に所属しているのに対して、ユッキーナいわく「芸能界にママ友はいない」。一匹狼を貫いていて、地元の一般人のママ友との友情を大切にし、育児で精神面が不安な時も、夫や地元の友人に助けられて乗り切ったという。

「江角マキ子の例を見るまでもなく、芸能人が一般人とママ友になるのは簡単ではない。ユッキーナにそれができるのは、元ヤンキーで一般目線に近い感覚を持っているから。ダメな部分があってもそれなりに一生懸命頑張る姿が広く支持されている理由でしょう」(芸能ライター)

 ただし、その「ダメな部分」に批判も集中することも。「叱り方が怖すぎる」「手作り料理がまずそう」……。それでもめげずに、「別に世間からいい母親って言われなくてもいい。娘から“ママは世界一だよ、最高だよ”と思ってもらえたら、他で何言われても聞こえない」と答え、そのブレない姿勢でさらにファンを増やしてしまうのだ。

 ママタレ派閥に属していないこともそうだが、子供をダシにしたビジネスをしないという姿勢も、他のママタレとは異なる。実際のところ、ユッキーナがプロデュースしているブランド「Avan Lily」はママ色ゼロ。そんなところにファンは「真の母の強さ」を感じてしまうのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

もっと見る