• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バラエティー争奪戦必至…橋下市長にキー局関係者「鬼に金棒」

 橋下徹大阪市長(45)が掲げた看板政策「大阪都構想」の是非を問う住民投票が17日に行われ、1万741票差で反対多数。都構想は廃案となり、橋下市長は12月の任期満了で政界引退を表明した。

「政治家としてこれまでの7年半、思う存分やらせていただいた」と吹っ切れた表情で敗戦の弁を述べていたが、「市長の任期が終わったらすぐにでも冠番組をやってほしい」と語るのは民放キー局のプロデューサーだ。

「こんなにタレント性のある人物は日本中探しても他にはいません。橋下市長はやしきたかじん、島田紳助という2人のトップ芸能人に薫陶を受け、『行列のできる法律相談所』『たかじんのそこまで言って委員会』などで頭角を表し、一躍、時代の寵児となった。弁護士に元政治家という肩書まで加われば鬼に金棒。ニュースからバラエティーまで硬軟あらゆる番組の出演オファーが殺到するのは確実。コメンテーター、MC、タレントとして引く手あまたです。バラエティー向けに茶髪に戻したらもっと“最強”なんですけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る