• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バラエティー争奪戦必至…橋下市長にキー局関係者「鬼に金棒」

 橋下徹大阪市長(45)が掲げた看板政策「大阪都構想」の是非を問う住民投票が17日に行われ、1万741票差で反対多数。都構想は廃案となり、橋下市長は12月の任期満了で政界引退を表明した。

「政治家としてこれまでの7年半、思う存分やらせていただいた」と吹っ切れた表情で敗戦の弁を述べていたが、「市長の任期が終わったらすぐにでも冠番組をやってほしい」と語るのは民放キー局のプロデューサーだ。

「こんなにタレント性のある人物は日本中探しても他にはいません。橋下市長はやしきたかじん、島田紳助という2人のトップ芸能人に薫陶を受け、『行列のできる法律相談所』『たかじんのそこまで言って委員会』などで頭角を表し、一躍、時代の寵児となった。弁護士に元政治家という肩書まで加われば鬼に金棒。ニュースからバラエティーまで硬軟あらゆる番組の出演オファーが殺到するのは確実。コメンテーター、MC、タレントとして引く手あまたです。バラエティー向けに茶髪に戻したらもっと“最強”なんですけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る