日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タメ口、棒読み、話を聞かず…本田翼「月9主演」に心配の声

 モデルで女優の本田翼(22)が3日、都内で行われたアフラック「ちゃんと応える医療保険 EVER」新キャンペーン発表会に出席した。

「先日、月9のヒロインに抜てきしていただきまして…」と、7月スタートのドラマ「恋仲」(フジテレビ系)に出演が決まったことを笑顔で報告し、同席したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」や有吉弘行(41)らから拍手を浴びた。

 ファッション誌の専属モデルを務める一方、2012年放送の「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方」(TBS系)でテレビドラマに本格進出。さらに、14年の「タレント別テレビCM量」(ビデオリサーチ社調べ)では関東地区と関西地区で9位に入るなど、順調に露出を増やしているところに舞い込んだ“月9”初ヒロイン。

 もっとも、これまでの本田の演技力に対する世間の評価はシビアだ。ネット上では、放送中の「ヤメゴク」(TBS系)について、<演技がワンパターン>と辛らつな意見が相次いでいるほか、昨年主演した映画「アオハライド」の演技も<セリフが棒読み>と一刀両断する声が多かった。2013年に放送された「ショムニ2013」(フジテレビ系)では、アイドルウオッチャーの間で“ショムニの本田はかわいくない”という声が上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事