• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマより面白い? 紀香・愛之助・熊切「三角関係」の行く末

【連載コラム 桧山珠美の「あれもこれも言わせて」】

 いま、ホットだけど一番どうでもいい話題といえば、片岡愛之助と熊切あさ美の“別れた別れていない騒動”だ。そもそもいずれ熊切が捨てられると思っていた人が多かったに違いないが、実際にそうなってみると、ちょっと気の毒。

 しかも、ライバルとして現れたのが藤原紀香だなんてあんまりだ。どうあがいても勝ち目はなさそう。とはいえ、「ミヤネ屋」の涙の会見で、熊切に同情票が集まっているのも確か。

 その半面、愛之助は散々。「二股野郎」「サイテー男」呼ばわりされて「半沢直樹」以来続いた人気にも陰りが……。テレビ東京系で放送中のドラマ「LOVE理論」で恋愛マスターを演じているが、他人に恋愛のイロハを教えている場合か! と非難殺到だ。

 一方、紀香はどうかというと、ブログですっぴんやお尻を見せてファンの気を引く、かまってちゃん状態。7月スタートのNHKBSドラマ「ある日、アヒルバス」で崖っぷちのバスガイド役で主演するが、その会見で、「底辺の私を見て」と言い、バスガイドは底辺なのかとこれまた世間の批判を浴びた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る