応援歌が大人気 歌手で女優の大原櫻子は下半期ブレーク必至

公開日: 更新日:

「次から次に若い女優が出てきて、覚えきれない!」と思っている中高年も、今年の下半期にブレークしそうなこの2人だけは覚える価値がありそうだ。

 まずは大原櫻子。「だれ?」とわからない人に説明すると、17歳で映画の主役オーディションに合格し、バンドのボーカル役として歌った曲で実際に歌手デビューも果たしたという、異色の“女優&歌手デビュー”したタレントだ(のちにソロデビュー)。

 先日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)のスポーツコーナーのVTRでは、なんと楽天松井裕樹が球場に来る時にいつも櫻子の曲を聴いていると告白し、ネットで話題になっている。ストッパーになった今年から聴きはじめたらしいから、好調の秘密は“聴くと元気が出る”櫻子ソングにあったのだ。

 そういえば、高橋尚子が練習やレース前にhitomiの「LOVE2000」を聴いていることが話題になり、シドニー五輪で金メダルを獲得した直後にhitomiが大ブレーク。紅白にも出た。今年、楽天が優勝し、松井がMVPなら、櫻子も下半期に一躍メジャーになるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る