応援歌が大人気 歌手で女優の大原櫻子は下半期ブレーク必至

公開日:  更新日:

「次から次に若い女優が出てきて、覚えきれない!」と思っている中高年も、今年の下半期にブレークしそうなこの2人だけは覚える価値がありそうだ。

 まずは大原櫻子。「だれ?」とわからない人に説明すると、17歳で映画の主役オーディションに合格し、バンドのボーカル役として歌った曲で実際に歌手デビューも果たしたという、異色の“女優&歌手デビュー”したタレントだ(のちにソロデビュー)。

 先日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)のスポーツコーナーのVTRでは、なんと楽天の松井裕樹が球場に来る時にいつも櫻子の曲を聴いていると告白し、ネットで話題になっている。ストッパーになった今年から聴きはじめたらしいから、好調の秘密は“聴くと元気が出る”櫻子ソングにあったのだ。

 そういえば、高橋尚子が練習やレース前にhitomiの「LOVE2000」を聴いていることが話題になり、シドニー五輪で金メダルを獲得した直後にhitomiが大ブレーク。紅白にも出た。今年、楽天が優勝し、松井がMVPなら、櫻子も下半期に一躍メジャーになるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る