• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

応援歌が大人気 歌手で女優の大原櫻子は下半期ブレーク必至

「次から次に若い女優が出てきて、覚えきれない!」と思っている中高年も、今年の下半期にブレークしそうなこの2人だけは覚える価値がありそうだ。

 まずは大原櫻子。「だれ?」とわからない人に説明すると、17歳で映画の主役オーディションに合格し、バンドのボーカル役として歌った曲で実際に歌手デビューも果たしたという、異色の“女優&歌手デビュー”したタレントだ(のちにソロデビュー)。

 先日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)のスポーツコーナーのVTRでは、なんと楽天の松井裕樹が球場に来る時にいつも櫻子の曲を聴いていると告白し、ネットで話題になっている。ストッパーになった今年から聴きはじめたらしいから、好調の秘密は“聴くと元気が出る”櫻子ソングにあったのだ。

 そういえば、高橋尚子が練習やレース前にhitomiの「LOVE2000」を聴いていることが話題になり、シドニー五輪で金メダルを獲得した直後にhitomiが大ブレーク。紅白にも出た。今年、楽天が優勝し、松井がMVPなら、櫻子も下半期に一躍メジャーになるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る