阿川泰子さんの「ジャズ歌手」人生支えた五木寛之氏の“至言”

公開日:  更新日:

 1978年にジャズ歌手としてデビューし、アルバムを次々にヒットさせた阿川泰子さん(63)。華やかな美貌とハスキーな“シュガーボイス”で、ネクタイ族のアイドルといわれた。そんな阿川さんが特別な縁を感じ、「力をいただいた」と熱く語るのは、作家の五木寛之氏(82)だ。

 五木先生と初めてお会いしたのは、ジャズ歌手としてデビューした直後。大手婦人雑誌の対談でした。でも、実はその前からご縁が始まっていたんです。

 私、ジャズ歌手になる前は文学座演劇研究所の第12期生になり、女優になる勉強をしていたんです。そして、「メカゴジラの逆襲」とか「華麗なる一族」といった東宝映画にチョイ役で出演させていただいていました。そして、その後、私が初めて大作に出演させていただいたのが、75年に公開された「青春の門」という五木先生の同名小説の「第1部 筑豊篇」を原作とした東宝映画でした。私が演じたのは炭鉱成り金役の藤岡琢也さんに宴会でお酌をする芸者さん。セリフはなかったんですが、スクリーンの真ん中で一番キレイに撮ってもらえるラッキーな役。すごくうれしかったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る