「天皇の料理番」もブレーク ヒット相次ぐ“料理ドラマ”の課題

公開日:  更新日:

「天皇の料理番」(TBS系)が好調だ。

 先週は秋山篤蔵(佐藤健)がパリに行って修業する話で、馴染みのレギュラー陣は桐谷健太くらいしか出ず、黒木華はちょっとだけ。舞台がガラリと変わると離れる視聴者も出るのに、視聴率は相変わらずの14%超。外交官役の郷ひろみが、最後にフランス語でまくし立てるシーンが意外によかった。

 恋が芽生えたフランソワーズと、俊子(黒木華)との不可思議な三角関係が気になるし、次回からは(やっと!)天皇の料理番になっていくから、数学はさらに上がるかもしれない。

 ストーリーとは別にこのドラマが視聴者を引き付けるのは、おいしそうな料理が頻繁に映ること。そういえば、最近は料理もの、あるいは“料理ドラマ”が人気だ。

 たとえば、朝ドラ「まれ」はパティシエを目指す設定で、スイーツが時折、映る。食べ物がドラマのテーマではないが、NHKは今週の「ひるブラ」(12時20分)で“「まれ」から生まれた元町スイーツ”を紹介。食べ物でドラマに引き付けたいのがミエミエ(しかも「ひるブラ」の次に「まれ」の昼放送!)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る