手越騒動ダンマリ決め込んだ柏木由紀に「開き直るべき」の声

公開日: 更新日:

 18日、「バイトル新CM発表会」に登場した「AKB48」の柏木由紀(23)。「NEWS」手越祐也(27)との浴衣抱擁写真が報じられて以降、初のイベント登場となったため、会場には80人を超える報道陣が集結。ステージ上には警備員が常駐するという異例の対応だった。

 しかし、「囲み取材」とは名ばかりの代表質問のみで、ほとんどの質問を同席した指原莉乃(22)が答える形となり、“新・神7”メンバーでの撮影についても指原が「メンバーがみんなヌルッとしてた。“ピリピリ感”まったくのゼロ!」と明るくコメントしたが、現場の“ピリピリ度”は最高潮だった。

 一昨年、熱愛が発覚した峯岸みなみ(22)は丸坊主になり、指原は福岡へ“島流し”の憂き目に。先の総選挙で2位に輝いた柏木なりのケジメのつけ方が期待されたからだが、騒動についてはダンマリ。3月末に発表された「NGT48」との兼任についても「新潟も頑張ります」と話すのみにとどまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る