年齢経歴未公開 植松晃士が「おブス」判定でも嫌われない秘密

公開日:  更新日:

「ちょいモテ~」「おブス」など、買い物中の一般人から私服姿の芸能人まであらゆる人物のファッションをぶった切り、主婦層から強く支持されている植松晃士。これまで数多くの番組で同じようなファッションチェックを続け、現在もレギュラー出演中の「ヒルナンデス!」の格安コーデバトルのコーナーで街行く人をつかまえて、謎のステッキ片手に「ちょいブス~」などと言いたい放題。それでも、TPOをわきまえた「女性のおしゃれ」についての解説がわかりやすいと評判だ。

 たとえば、前述の「ヒルナンデス!」ではフィギュアスケートの安藤美姫を「プチおブスです」とダメ出し。AKB48の冠番組「AKBINGO!」では主要メンバーの私服ファッションを「おブス」と診断するなど、相手が人気者でも怖いものなし。講演会やトークショーで全国を飛び回っても超満員。客席の希望者のファッションチェックを行い、例のごとく「ちょいブス~」と言っても大喜びされてしまうほどの人気なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る