作家としての実績も 芸人マンボウやしろが本気で狙う直木賞

公開日:  更新日:

 31日、小川菜摘(52)主演の舞台「ねじこみ~消える命が入る音~」の制作発表会見が開かれた。

 脚本と演出を手掛けたピン芸人のマンボウやしろ(39)は、「いつもは半年くらいかけて書くんですけど、これは1カ月半くらいで書き上げました。奇跡ですね。一度は(舞台の話が)立ち消えになって『これで8月は遊ぶぞ!』と思っていたので、夏の夜を嫌な気分で過ごしましたよ。忘れられない夏になりました」と苦笑い。

 しかし、「コレ、芸人としてやらせてもらってるんですが、ゆくゆくは(舞台の脚本を)書籍化したいと。全力で(芥川賞を受賞した)又吉くんに乗っかっていこうと思ってるんです」という野望を告白。

「又吉くんにメールしたんですよ。『又吉くん、芥川も直木(名前の“なおき=直樹”にかけて)も両方持っててズルいよ。どっちかちょうだい』と。そうしたら『やしろさんにはお世話になってるんで、“なおき”の方を渡します』って返事があった。だから、この作品で直木賞狙ってます」と便乗を宣言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る