作家としての実績も 芸人マンボウやしろが本気で狙う直木賞

公開日: 更新日:

 31日、小川菜摘(52)主演の舞台「ねじこみ~消える命が入る音~」の制作発表会見が開かれた。

 脚本と演出を手掛けたピン芸人のマンボウやしろ(39)は、「いつもは半年くらいかけて書くんですけど、これは1カ月半くらいで書き上げました。奇跡ですね。一度は(舞台の話が)立ち消えになって『これで8月は遊ぶぞ!』と思っていたので、夏の夜を嫌な気分で過ごしましたよ。忘れられない夏になりました」と苦笑い。

 しかし、「コレ、芸人としてやらせてもらってるんですが、ゆくゆくは(舞台の脚本を)書籍化したいと。全力で(芥川賞を受賞した)又吉くんに乗っかっていこうと思ってるんです」という野望を告白。

「又吉くんにメールしたんですよ。『又吉くん、芥川も直木(名前の“なおき=直樹”にかけて)も両方持っててズルいよ。どっちかちょうだい』と。そうしたら『やしろさんにはお世話になってるんで、“なおき”の方を渡します』って返事があった。だから、この作品で直木賞狙ってます」と便乗を宣言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る