演技で格差解消か 昼ドラ初主演射止めたピース綾部の期待度

公開日:  更新日:

 うまい具合に滑り込んだもんだ。お笑いコンビ「ピース」綾部祐二(37)が、来月28日スタートのフジ系の昼ドラ「別れたら好きな人」(月~金曜13時25分)で初主演に抜擢されたという。今をときめく芥川賞作家・又吉直樹(35)の相方のほうである。

 同番組の制作は東海テレビのほか、吉本興業も名を連ねる。奥菜恵(36)主演の「碧の海~LONG SUMMER~」(14年)を機に吉本は昼ドラの制作にも参入。ズブの芝居素人だった「パンサー」尾形貴弘をはじめ、所属芸人をわんさか登用し、露払いは済んだようで、このたび、満を持して“役者・綾部”の起用に踏み切った。

 放送ライターの堀江南氏が言う。

「吉本男前ランキングで3年連続1位になるなど、芸人として全盛期だった当時、綾部は複数の映画やドラマに出演しています。フジの月9『幸せになろうよ』(11年)では主人公の香取慎吾の友人役という主要な脇役を演じ、深夜枠ですが『赤川次郎原作 毒〈ポイズン〉』では主演を張っています。ペニオク詐欺事件に加担してケチがついてから出演が激減しましたが、芝居のキャリアはなかなかのもの。連ドラの主演となれば、多忙な相方とスケジュールの面で釣り合いも取れてちょうどいいのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る