演技で格差解消か 昼ドラ初主演射止めたピース綾部の期待度

公開日: 更新日:

 うまい具合に滑り込んだもんだ。お笑いコンビ「ピース」綾部祐二(37)が、来月28日スタートのフジ系の昼ドラ「別れたら好きな人」(月~金曜13時25分)で初主演に抜擢されたという。今をときめく芥川賞作家・又吉直樹(35)の相方のほうである。

 同番組の制作は東海テレビのほか、吉本興業も名を連ねる。奥菜恵(36)主演の「碧の海~LONG SUMMER~」(14年)を機に吉本は昼ドラの制作にも参入。ズブの芝居素人だった「パンサー」尾形貴弘をはじめ、所属芸人をわんさか登用し、露払いは済んだようで、このたび、満を持して“役者・綾部”の起用に踏み切った。

 放送ライターの堀江南氏が言う。

「吉本男前ランキングで3年連続1位になるなど、芸人として全盛期だった当時、綾部は複数の映画やドラマに出演しています。フジの月9『幸せになろうよ』(11年)では主人公の香取慎吾の友人役という主要な脇役を演じ、深夜枠ですが『赤川次郎原作 毒〈ポイズン〉』では主演を張っています。ペニオク詐欺事件に加担してケチがついてから出演が激減しましたが、芝居のキャリアはなかなかのもの。連ドラの主演となれば、多忙な相方とスケジュールの面で釣り合いも取れてちょうどいいのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る