もう副業は当たり前 芸人は“じゃない方”でのサバイバル激化

公開日: 更新日:

 2日、映画「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」公開記念イベントに登場したお笑いトリオ「ロバート」。

 昨年11月にプロボクサーとしてデビューした山本博(36)は「9月5日で37歳になるので(プロボクサーとして)定年なんです。プロとしてあと3日で終わりです」と明かし、「今後はボクシングトレーナーを目指したいですね。教えるのは楽しい。今は子供たちに教えたりしてます」と語った。

 この発言に、ネタ作りを一手に引き受けている秋山竜次(37)は「もう教えてるの!? “笑いのイロハ”を教えることもできないのに? もう勘弁してほしいわ、ボクシング。スパーリング終わりとかで現場に来ると、ツッコんだら殺されるんじゃねえかっていうくらいの鋭い眼光で見てくる」とクレームを入れていた。

 馬場裕之(36)も「料理男子」としてブレーク中。レシピ本を発売したり、食品メーカーとコラボするなど、笑いとは一切関係のない仕事が急増。馬場が「僕は軽井沢あたりでカフェやりたいですね。1日2組限定の……」と夢を語ると、唯一、体を張って笑いで勝負している秋山は「人数が多いだけで誰もお笑いを真剣にやってない。僕も副業で日焼けサロンでもやろうかな……」と呆れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る