もう副業は当たり前 芸人は“じゃない方”でのサバイバル激化

公開日:  更新日:

 2日、映画「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」公開記念イベントに登場したお笑いトリオ「ロバート」。

 昨年11月にプロボクサーとしてデビューした山本博(36)は「9月5日で37歳になるので(プロボクサーとして)定年なんです。プロとしてあと3日で終わりです」と明かし、「今後はボクシングトレーナーを目指したいですね。教えるのは楽しい。今は子供たちに教えたりしてます」と語った。

 この発言に、ネタ作りを一手に引き受けている秋山竜次(37)は「もう教えてるの!? “笑いのイロハ”を教えることもできないのに? もう勘弁してほしいわ、ボクシング。スパーリング終わりとかで現場に来ると、ツッコんだら殺されるんじゃねえかっていうくらいの鋭い眼光で見てくる」とクレームを入れていた。

 馬場裕之(36)も「料理男子」としてブレーク中。レシピ本を発売したり、食品メーカーとコラボするなど、笑いとは一切関係のない仕事が急増。馬場が「僕は軽井沢あたりでカフェやりたいですね。1日2組限定の……」と夢を語ると、唯一、体を張って笑いで勝負している秋山は「人数が多いだけで誰もお笑いを真剣にやってない。僕も副業で日焼けサロンでもやろうかな……」と呆れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る