もう副業は当たり前 芸人は“じゃない方”でのサバイバル激化

公開日:  更新日:

 2日、映画「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」公開記念イベントに登場したお笑いトリオ「ロバート」。

 昨年11月にプロボクサーとしてデビューした山本博(36)は「9月5日で37歳になるので(プロボクサーとして)定年なんです。プロとしてあと3日で終わりです」と明かし、「今後はボクシングトレーナーを目指したいですね。教えるのは楽しい。今は子供たちに教えたりしてます」と語った。

 この発言に、ネタ作りを一手に引き受けている秋山竜次(37)は「もう教えてるの!? “笑いのイロハ”を教えることもできないのに? もう勘弁してほしいわ、ボクシング。スパーリング終わりとかで現場に来ると、ツッコんだら殺されるんじゃねえかっていうくらいの鋭い眼光で見てくる」とクレームを入れていた。

 馬場裕之(36)も「料理男子」としてブレーク中。レシピ本を発売したり、食品メーカーとコラボするなど、笑いとは一切関係のない仕事が急増。馬場が「僕は軽井沢あたりでカフェやりたいですね。1日2組限定の……」と夢を語ると、唯一、体を張って笑いで勝負している秋山は「人数が多いだけで誰もお笑いを真剣にやってない。僕も副業で日焼けサロンでもやろうかな……」と呆れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る