日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全治2カ月もライブ強行…吉川晃司が“骨折上等”で歌うワケ

 3日に都内で中型オートバイの運転を練習中に転倒し、左足くるぶしを骨折した歌手の吉川晃司(49)。全治2カ月の重傷を負い、5日に手術したにもかかわらず、6日は予定通り都内でライブを開催して話題だ。

 吉川はファンに「骨が1本折れたぐらいで、不治の病を宣告されたわけじゃない。一度骨が折れた場所は強くなる。次へのステップだ」とアピール。骨折した左足のヒザをイスに乗せ、片足立ちでパフォーマンスを行ったという。

「なまじ体力に自信があるから、若い頃からステージから飛び降りたり、得意のシンバルキックなどで体中を何度も骨折しています」(音楽関係者)

 ライブの様子はスポーツ紙などで大々的に報じられたが、実は吉川サイドはPRに必死だったという。

「最近は新曲を出しても1万枚も売れない状態。ライブもライブハウスぐらいならソールドアウトだが、武道館クラスの大会場での集客は難しい。骨折でも何でも話題になるならOKという方針のようです」(レコード会社関係者)

 以前、あるイベントで「ステージで暴れる方なんで、この年になると骨折ったりとかしょっちゅうです」と語っていた吉川。さすがにちょっと心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事