立川流顧問うならせた…談春「ルーズヴェルト」での悪役ぶり

公開日: 更新日:

ヒール社長を好演

 回を追うごとに“悪さ”に磨きがかかっている。22日に最終回を迎える「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS系)。放送当初から話題になっていたのが、落語家・立川談春(47)の演技だ。主演・唐沢寿明演じる「青島製作所」の細川社長と対立する「イツワ電器」の坂東社長役で、青島製作所との合併を画策するヒール役を好演している。

 談春は84年、高校中退後に7代目・立川談志に入門。一時期は深夜番組にも出演するなど、活動の幅を広げていたが、ドラマ出演は昨年の「黒い十人の黒木瞳III 黒いカウンターの女」(NHKBSプレミアム)の一度きりだ。談春の演技について、立川流の顧問を務める作家の吉川潮氏は「役者としての経験が少ないにもかかわらず、あれだけ悪役を演じきれるとは……」と、こう続ける。

「立川流の関係者はみんなドラマを見てるので、『談春は先週も悪かったねえ』なんて言って盛り上がっていますよ。これまで、落語家がドラマに出る場合は、たいてい主人公の行きつけのバーのマスターとかアパートの隣人とか、要はにぎやかしの役がほとんどだった。それなのに、ここまで主演と五分で対立する悪役とは見事。しかも刑事ドラマの犯人のような『悪』ではなく、組織のトップという役。談春は高座で、例えば古典落語『包丁』の小悪党役をやると実にうまい。師匠である談志も30代の頃は映画で小悪党の役をやっていたので、師弟のDNAは受け継がれるものなんだと実感しましたが、談志は小悪党は演じられても、経営者の『悪』は談春ほどに演じることはできなかったんじゃないか。あのドラマは時代劇的な要素もあって、悪役は顔が大きいというのがある。歌舞伎でも敵役を示す『赤面』は顔を大きく見せるため。小顔の唐沢との対比もうまくできている。この前、談春に会ったとき、『そのうち時代劇の悪代官役に抜擢されるんじゃないか』と言ったら、『いやいや、僕は素人ですから』と照れていましたけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る