「数字取れない」汚名返上 オダギリジョーに上がる期待の声

公開日:  更新日:

 4月期の連ドラに2本出演するオダギリジョー(38)は、“賢い選択”をしたようだ。

 オダギリはここ数年、主演ドラマが立て続けに大コケ。「数字の取れない俳優」の汚名を着せられている。そればかり話題にされるが、記録的な低視聴率に終わった09年放送の「ぼくの妹」も、12年の「家族のうた」もいずれも毒のないホームドラマだった。

「もともと映画志向で万人受けするタイプじゃないオダギリに、ゴールデンタイムのドラマは合わないんですよ。本人も万人受けしようと思っていないでしょう。女性誌にイケメンと持ち上げられて担ぎ出されただけで、やはり『時効警察』のようにコアなファンが見る作品の方が向く」(映画誌編集者)

 その点、4月スタートの主演ドラマ「リバースエッジ 大川端探偵社」(テレビ東京系)は、同局の「モテキ」や「まほろ駅前番外地」を手がけた大根仁氏が脚本・演出。モテキもまほろもコアなファンがついているし、映画にもなっている。リバースも“異色の探偵ストーリー”。オダギリの志向にぴったりで、こう言っちゃなんだが、テレ東だ。視聴率より中身の濃さを追求できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る