• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「数字取れない」汚名返上 オダギリジョーに上がる期待の声

 4月期の連ドラに2本出演するオダギリジョー(38)は、“賢い選択”をしたようだ。

 オダギリはここ数年、主演ドラマが立て続けに大コケ。「数字の取れない俳優」の汚名を着せられている。そればかり話題にされるが、記録的な低視聴率に終わった09年放送の「ぼくの妹」も、12年の「家族のうた」もいずれも毒のないホームドラマだった。

「もともと映画志向で万人受けするタイプじゃないオダギリに、ゴールデンタイムのドラマは合わないんですよ。本人も万人受けしようと思っていないでしょう。女性誌にイケメンと持ち上げられて担ぎ出されただけで、やはり『時効警察』のようにコアなファンが見る作品の方が向く」(映画誌編集者)

 その点、4月スタートの主演ドラマ「リバースエッジ 大川端探偵社」(テレビ東京系)は、同局の「モテキ」や「まほろ駅前番外地」を手がけた大根仁氏が脚本・演出。モテキもまほろもコアなファンがついているし、映画にもなっている。リバースも“異色の探偵ストーリー”。オダギリの志向にぴったりで、こう言っちゃなんだが、テレ東だ。視聴率より中身の濃さを追求できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る