砂川啓介が介護本で明かした 大山のぶ代との“壮絶”夫婦生活

公開日:  更新日:

 俳優の砂川啓介(78)が26日、著書「娘になった妻、のぶ代へ ~大山のぶ代『認知症』介護日記」(双葉社)の出版会見を開いた。砂川は今年5月、妻で声優の大山のぶ代(82)が認知症であることをラジオで公表。「公表後は物分かりも良くなって助かってます。今日もお昼ごはんを一緒に食べてからここに来ました」と話した。

 著書は発売からわずか3日で10万部を突破。8月末に自宅で撮影したという表紙の写真について、「職業病ですかね。いざ写真を撮るとなると、ニコッと笑ってポーズをとっていて。これだとどちらが認知症か分からない」と笑顔で振り返り、「『ドラえもん』を見せても反応がないんですが、最近は自宅の玄関に御影石でできたドラえもんやぬいぐるみが置いてあって、どういう風の吹き回しか、それをひとつずつなでるようになった」と、2700日間に及ぶ介護生活の中で大山の変化を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る