斉木しげるが語る「シティボーイズ」2人との“阿吽の呼吸”

公開日:  更新日:

 個性派バイプレーヤーとして異彩を放つ斉木しげるさん(65)。バラエティーやトークライブも手掛けるが、きたろうさん(67)、大竹まことさん(66)とで結成したコントユニット「シティボーイズ」が飛躍のきっかけとなった。

 きたろうさんと大竹さんに知り合っていなかったら、恐らく今の僕は存在していなかっただろうなと思います。2人と出会ったのはもう44年前、1971年4月です。当時、私は21歳で、3人ともある劇団の養成所に入所したばかりでした。それ以来ですから、離れて暮らしてる親、兄弟よりもずっとベタな付き合いですね。

 しかもきたろうさんの嫁さんは元劇団仲間で、僕は大竹さんが店長をしていた喫茶店で知り合った女性と結婚した。プライベートでも3人の関係はすごく濃いんです。

 僕らはその後、同じ養成所仲間の風間杜夫や岡本麗らと、劇団「表現劇場」を結成して、アングラとは一線を引いた小劇場演劇を始めたのですが、それだけでは食えません。やむなく、生活のために喫茶店の雇われ店長をしてました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る