斉木しげるが語る「シティボーイズ」2人との“阿吽の呼吸”

公開日:  更新日:

 個性派バイプレーヤーとして異彩を放つ斉木しげるさん(65)。バラエティーやトークライブも手掛けるが、きたろうさん(67)、大竹まことさん(66)とで結成したコントユニット「シティボーイズ」が飛躍のきっかけとなった。

 きたろうさんと大竹さんに知り合っていなかったら、恐らく今の僕は存在していなかっただろうなと思います。2人と出会ったのはもう44年前、1971年4月です。当時、私は21歳で、3人ともある劇団の養成所に入所したばかりでした。それ以来ですから、離れて暮らしてる親、兄弟よりもずっとベタな付き合いですね。

 しかもきたろうさんの嫁さんは元劇団仲間で、僕は大竹さんが店長をしていた喫茶店で知り合った女性と結婚した。プライベートでも3人の関係はすごく濃いんです。

 僕らはその後、同じ養成所仲間の風間杜夫や岡本麗らと、劇団「表現劇場」を結成して、アングラとは一線を引いた小劇場演劇を始めたのですが、それだけでは食えません。やむなく、生活のために喫茶店の雇われ店長をしてました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る