「ピンクの電話」に漫才勧めた故・石井会長の“口説き文句”

公開日:  更新日:

 お笑いコンビ「ピンクの電話」のボケ役で80年代後半にブレーク。その後はバラエティー番組で引っ張りだこになった清水よし子さん。演劇出身だけに舞台や映画、ドラマの出演も多いが、そんな才能を見いだしたのが今年1月に亡くなった所属事務所の石井光三会長(享年83)だ。

 石井会長(当時は社長)と最初に会ったのは今から31年前。84年に行われた劇団「七曜日」の旗揚げ公演「鬼ケ島」のオーディションでした。「七曜日」は石井会長とコント・レオナルドのレオナルド熊先生(故人)が旗揚げしたコメディー劇団で、コント赤信号さんや近藤芳正さんらが所属されていました。私は運良く合格することができて女優を目指したので、お笑いをやるなんて当初、考えてもいませんでした。それは相方の都子ちゃんも同じです。

 ところが、1年ほど経ったある日、会長がこう言いだしたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る