「ピンクの電話」に漫才勧めた故・石井会長の“口説き文句”

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ「ピンクの電話」のボケ役で80年代後半にブレーク。その後はバラエティー番組で引っ張りだこになった清水よし子さん。演劇出身だけに舞台や映画、ドラマの出演も多いが、そんな才能を見いだしたのが今年1月に亡くなった所属事務所の石井光三会長(享年83)だ。

 石井会長(当時は社長)と最初に会ったのは今から31年前。84年に行われた劇団「七曜日」の旗揚げ公演「鬼ケ島」のオーディションでした。「七曜日」は石井会長とコント・レオナルドのレオナルド熊先生(故人)が旗揚げしたコメディー劇団で、コント赤信号さんや近藤芳正さんらが所属されていました。私は運良く合格することができて女優を目指したので、お笑いをやるなんて当初、考えてもいませんでした。それは相方の都子ちゃんも同じです。

 ところが、1年ほど経ったある日、会長がこう言いだしたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る