“イジられキャラ”で人気の前園真聖を変えた「猛省と謙虚」

公開日:  更新日:

 元サッカー日本代表の前園真聖が“タレント”としてブレークしている。最近はテレビで見ない日がないくらい、バラエティーやイベントに引っ張りだこ。今年に入ってすでに出演番組数は100を超え、連日のようにイベントに出演している。「ワイドナショー」「バイキング」(共にフジテレビ系)、「菊地亜美の女子力向上委員会」(東京MXテレビ)など、レギュラー番組も多数。いまや“イジられキャラ”として売れっ子芸人顔負けの露出なのだ。

「酔っぱらってタクシー運転手に暴行を加えて逮捕された2年前の事件について、自分のダメな部分を正直に認めたことが好感をもって迎えられているうえ、その逆境の中で必死に頑張っている姿が“いっぱいいっぱい”すぎて面白いと多くの若者に支持されています。事件以降は断酒しているのですが、そこをイジられた時の天然の反応が、もう“持ちネタ”といってもいいくらい鉄板受けしている」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る