映画「マイ・インターン」のデ・ニーロで理想のシニアを学ぶ

公開日:  更新日:

「アーティストが引退するのは音楽がなくなったから。僕の中にはまだ音楽があります」

 これは映画「マイ・インターン」で“70歳の新人”ベンを演じたロバート・デ・ニーロ(72)のセリフだ。ベンはアン・ハサウェイ(32)演じるジュールスが経営するファッションサイトの「シニアインターン」に応募。自己PRビデオのカメラに向かってこう言ったのだ。

 ベンは電話帳の印刷会社で40年間、勤めあげてリタイア。妻に先立たれ、初めは余生を謳歌しようと、たまったマイルで海外旅行を楽しむも、家に帰ると誰もいないむなしさに襲われる。子供や孫に甘えすぎてはいけないと思っていたとき、シニアインターンに合格。社会への“現役復帰”を果たす。

 この映画、あくまで視点の中心はアン演じるジュールス。ファッション雑誌業界で奮闘する女性と厳しい女上司を描いた映画「プラダを着た悪魔」(06年公開)の続編という宣伝文句も手伝って、観客の多くが女性だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る