映画「マイ・インターン」に学ぶ 定年サラリーマンの処世術

公開日: 更新日:

 定年後の生き方を描いた傑作だろう。公開されたばかりのロバート・デ・ニーロ主演「マイ・インターン」が素晴らしい出来栄えだ。すでに年配者中心にヒット中で、興収10億円を突破しそうである。

 デ・ニーロが演じるのは定年後を悠々自適に過ごしてきた70歳の男、ベン。独り暮らしの寂しさもあり、あるとき一念発起、最先端のアパレル会社のインターンとして働き始める。

 そして女社長を演じるのが「レ・ミゼラブル」などの個性派アン・ハサウェイだ。ベンはなぜか彼女付となるが、当然ながら、あまりいい顔はされない。しかし、人間関係に長け、会社内部のことによく気が付くベンは次第に女社長や社員たちの気持ちをつかんでいく。

 社長の運転手の飲酒癖を見つけ、自分で運転して彼女の信頼を得る。うまくいかない男性の恋愛もアドバイスする。いつまでたっても仕事に慣れない女性には、社長にその彼女の長所を強烈にアピールする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る