• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「マイ・インターン」に学ぶ 定年サラリーマンの処世術

 定年後の生き方を描いた傑作だろう。公開されたばかりのロバート・デ・ニーロ主演「マイ・インターン」が素晴らしい出来栄えだ。すでに年配者中心にヒット中で、興収10億円を突破しそうである。

 デ・ニーロが演じるのは定年後を悠々自適に過ごしてきた70歳の男、ベン。独り暮らしの寂しさもあり、あるとき一念発起、最先端のアパレル会社のインターンとして働き始める。

 そして女社長を演じるのが「レ・ミゼラブル」などの個性派アン・ハサウェイだ。ベンはなぜか彼女付となるが、当然ながら、あまりいい顔はされない。しかし、人間関係に長け、会社内部のことによく気が付くベンは次第に女社長や社員たちの気持ちをつかんでいく。

 社長の運転手の飲酒癖を見つけ、自分で運転して彼女の信頼を得る。うまくいかない男性の恋愛もアドバイスする。いつまでたっても仕事に慣れない女性には、社長にその彼女の長所を強烈にアピールする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る