俳優・村田雄浩「芝居とお酒の下積みがあったから今がある」

公開日:  更新日:

 名バイプレーヤーとして舞台やテレビドラマに引っ張りだこの村田雄浩さん(55)。自称、下戸ながら、酒とともに下積み時代を送り、今も欠かさず飲んでいる。

■娘が二十歳になったとき一緒にグラスを傾けたい

 東京・恵比寿のJR山手線沿いの飲み屋通り、そして新宿西口の思い出横丁。もともと下戸だった僕はこの2カ所で鍛えられ、人並みに飲めるようになりました。

 恵比寿は僕が16歳の時に入団した劇団ひまわりの稽古場があり、20歳になって“酒デビュー”した、いわば原点。一方の思い出横丁は、売れるようになるまでアルバイトしていた、ゲームセンターの目の前にある新宿西口の飲み屋街。こっちは修業の場でした。

 今も一角に店を構えるウナギ串焼き店「カブト」は、劇団仲間の女の子のオヤジさんが大将で破格の“お友達価格”でした。ずいぶんとお世話になりました。「カブト」の閉店後は同じ区画にある、朝まで営業してる居酒屋へ。帰宅のための始発待ちをしたり、時には一睡もしないまま映画やテレビドラマのロケに行ってたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る